それってどういう意味??美容師専門用語!


美容室に行った際に、たまに耳にする知らない単語に覚えは無いでしょうか。


急に横文字が出てきたり何のことを言っているか分からない場面があると思います。


そこで!!!


これさえ知ってれば大丈夫!美容師専門用語をご紹介していきます!


カラーに関する専門用語

リタッチ・・・伸びて来た根元の部分だけをカラーすること




フルカラー(ワンカラー)・・・根本、中間、毛先を同じカラーで染めることです。一般的なカラーはこのワンカラーになります!



トーンアップ・・・髪を明るくするカラーのこと。トーンの明るいカラー剤は薬剤の力が強いため頭皮などが滲みやすく、またダメージもしやすいです。




トーンダウン・・・暗めのカラーで染めることです。明るいカラー剤と比べてダメージは少なく落ち着いたイメージに仕上がります!




黒染め・・・ほぼ黒に近いトーンで染めることです。黒染めは普通のカラーの色素より大きいため色落ちしてきたなって思っても髪の内部に残ってる場合があります。ですので黒染めをしてからブリーチなどをしても綺麗に抜けないことが多いです。



酸性カラー・・・アルカリカラーと違って髪の表面を染めるので明るい色にすルコとはできませんがダメージはありません!ヘアマニキュアなどはこの酸性カラーに分類されます。パーマ後に酸性カラーをして湿気で髪が広がるのを防ぐ効果もあります。



グレイカラー・・・白髪染めのことです。普通のカラーよりもブラウンの色味が強くカラーも長持ちします。その分次のカラーをしたいときのカラーチェンジがしづらいです。




ブリーチ・・・髪の色を脱色することです。ブリーチをすることでワンカラーでは出せない透明感や色味を出すことができます!様々な美容の施術の中でもダメージレベルがかなり高いです。ですのでブリーチをすると他の施術ができない場合が多いです。



ケアブリーチ・・・ブリーチ剤にケア剤のトリートメントを入れてダメージを抑えます。このケア剤はブリーチだけではなく他のカラー剤にいれて使うこともできます。普通のブリーチより若干だけブリーチ力は落ちてしまいますがダメージを抑えることができます。



ネモカン・・・毛先と比べて根元の方が明るくなってしまうこと、カラー剤は熱で反応を促進するため、体温で根元付近だけ明るくなってしまう現象です。



ダブルカラー・・・ブリーチをしてからカラーをすることです。発色がよく透明感のあるカラーに仕上がります!




ハイライトカラー・・・部分的に筋状の毛束を取って明るくするカラーです。この束を髪の毛全体に入れることでもともとの髪の色と明るいところで差ができて立体感のある仕上がりになります。主にブリーチ剤を使って施術することが多いですが明るいカラー剤を使う場合もあります!




グラデーションカラー・・・根本から毛先にかけてカラーに変化をつけることです。根本を暗くして毛先を明るくすれば伸びてきても自然な感じに仕上がります!



ベージュカラー・・・最近流行りのベージュカラーは明るさや暗さ、色味など一口にベージュカラーといっても色々なベージュカラーがあります!光に当たると柔らかい茶色の色味が出て今すごく人気のカラーです。



ペールトーンカラー・・・淡く薄い色味のカラーのことです!綺麗な透明感のあるペールトーンの色味を出すには、ブリーチが必要になってきます!パステルカラーとは違い白っぽい透明感のあるカラーになります!




インナーカラー・・・髪の内側だけを染めるカラーになります。入れる場所や入れる範囲、色味によってかなり印象も変わってきて一口にインナーカラーといっても様々なインナーカラーがあります!またインナーカラーをする際はインナー部分をブリーチしてから色味を入れます!さりげなく入れたりもできるので、どなたでも挑戦しやすいカラーで今とても人気のカラーです!